ロールスクリーンを取り入れたお部屋の実例集

ロールスクリーンを室内に取り入れることによって、インテリアを変えなくともイメージを変えることができます。カーテンと同様に使用しますが、それ以外の使い道もあって、ちょっとしたコツを覚えておくと役立ってくれる場合があるのです。一般的はカーテンの代わりに窓やガラス戸に使いますが、特長を活かして室内の仕切りとして使用する場合もあります。カーテンとの違い、特長を知ることでバリエーションが広がるので試してみるといいかもしれません。その他にもいくつか使用方法があるので、覚えておくと室内のイメージを変える、便利になる場合が出てきます。インテリアコーディネートを考える時に導入することによって、リーズナブルにイメージを変えられるので、実例を知って参考にしてみることをすすめます。

まずはカーテンの代わりに使ってみよう

ロールスクリーンのもっとも分かりやすい使い方はカーテンの代わりに利用することで、特徴はコードを使ってロール状の布を引き下げ、巻き上げ開閉するところにあります。場所を取らずに済むのでカーテンよりもフラットでシンプルなイメージとなり、室内をスタイリッシュにしたい場合には取り入れてみるといいです。開閉のどちらでも布が嵩張らないのが魅力で、上手く活用すると部屋をおしゃれにできます。また素材やカラーリングによっても受ける印象が変わってきますので、部屋のイメージに合わせて選んでみてください。寒色系はクールに、暖色系は温もりのある雰囲気となるので、インテリアがそのままでも室内のイメージが大きく変わります。採光の調整もしやすくなるので、あると生活が便利になります。

間仕切りや目隠しとしても役立ちます

ロールスクリーンの使い道としてカーテンの代わりに窓に使用するケースが多いですが、方法はそれだけではありません。特長を活かして間仕切りに利用するケースが多く、部屋を仕切る、押し入れなどの目隠しにも使えます。部屋の片隅に荷物を積み上げている、急な来客で隠したい時などにも役立ってくれるので便利です。カラフルな色を利用すれば室内がポップな印象になるので、古いアパートで押し入れのふすまが今一つといった時には、こちらを使ってみるといいかもしれません。押し入れの片方のふすまを開けっ放しにしておきたい、しかし中を見せたくないといった時でも活用が可能です。ただカーテンの代わりとして窓に使うだけではなく、さまざまな利用方法があるのが魅力ですので、必要に応じて使ってみてください。