ロールスクリーンにはどんな種類があるか解説します

シャープな形状で窓辺などをすっきりとした状態に整え、採光の調整が出来るのがロールスクリーンを設置することのメリットです。しかも開けたときには上部に全て巻き取られた状態になるので邪魔にならず、閉めてもフラットで無駄のない形状なので、窓辺に使用するときでも左右に開閉するカーテンよりも場所をとらず、開閉もしやすいのが特徴です。カーテンは基本的に左右方向か片側どちらかに横にスライドさせて開閉するのですが、ロールスクリーンは同じ上下に開閉する場合でもタイプによって操作方法が異なります。またカーテンと同様に生地の種類によってもそれぞれに特徴があり、どんな場所に設置するのかによって、生地の種類や操作性の良し悪しが変わってくるので、使用する場所と目的に応じて適したものを選ぶことが出来ます。

スクリーンを開閉する際の方式の違いによる種類

カーテンよりも開閉に場所をとらずすっきりと収まるのがロールスクリーンの良いところで、基本的にはスクリーンを巻き取ることで上下に開閉するのがその特徴ですが、開閉の仕方にも様々な種類があり、最も大きく分けるとプルコード式とチェーン式に分かれます。プルコード方式はスクリーンの一番下の中央部分についたプルコードを引くことで生地が下がり、少し引いて手を離すことでスクリーンが自動で巻き上がるという仕組みです。一方チェーン式のほうはスクリーンの横に設置されたチェーンを引いた分だけ上下させるという仕組みですが、チェーンを引いた分だけ生地が下がって少し引いて手を離せば生地が自動で巻き上がるワンタッチ式のものもあります。プルコード方式のほうがすっきりとした見た目になりますが、高い位置や床面からの操作の際にはチェーン式のほうが操作性は良いといえます。

スクリーンの生地や素材の種類と特徴

スクリーンに使われている生地素材には生地を取り外して洗濯することのできるウォッシャブルタイプと、そうでないタイプがあります。ウォッシャブルタイプなら汚れが気になるときには本体から生地を取り外して洗うことが出来ますが、ウォッシャブルではないタイプなら、日常的なお手入れは軽くほこりを払い落とす程度です。ウォッシャブルタイプは水に浸しても大丈夫なようにほつれ止めの加工がされているため、価格的にはやや割高になります。ただし、ウォッシャブルでないものであっても通常は生地の着脱は可能なので、生地だけを交換することが出来ます。ただし、同じメーカーの同じクラスの生地など多少の制限がありますが、条件さえ合えば生地の交換は可能です。そのほかにも遮光性の高いものやシースルーのものなど、使う場所によって適した素材を選ぶことが出来ます。